彼女 復縁方法

彼女に「他に好きな人ができた」と言われた男が考える、復縁の方法

別れの理由ランキングで上位にランクインするのが「他に好きな人ができた」こと。そして、「じゃあなぜ、他に好きなひとができたんだろう」なんて考えてみると、むしろ自分によそ見させる原因があることも。いざ復縁しよう、と思っても問題は案外根深かったりするのです。今回は、「他に好きな人ができた」と彼女に告げられた男性の復縁奮闘記を紹介します。

Bさんは現在関西に住む20代の会社員、彼女とは都内にある大学のサークルで知り合いました。学生生活の中では順調に進んでいたそうですが・・・。「就職して半年ぐらいすると、僕は転勤になりました。そういう仕事だっていうのは勿論わかっていたし、彼女も納得済だったと思うのですが、いざ離れると辛かった。」

残った彼女とは当然遠距離恋愛に。それから1年ほどは、お互いに行き来して月に1回は会うというペースになったそうです。ここまで聞いたかぎり、むしろかなり順調そうなカップルですけど。「『別れよう』と電話で言われたのは本当に突然でした。なんで、と問い詰めると『他に好きな人ができたから』と。あとはもう泣いてばかり。すぐに会って話がしたかったですけどそれもできず、自分も泣きそうでした(笑)でも今思えば、あの時、そっか・・・分かった、って言わなかったのがポイントだったのかも」

–どのような切り返しをしたのですか?

「ちゃんと会って決めよう、と言ったんですが、彼女は『会うと別れられない』と。ん?と思いましたが、また明日話し合う約束だけはして電話を切りました。それで色々と考えましたよ。彼女の部署が変わって仕事がきつくなりはじめ、精神的にもだいぶまいっていたのは知っていたのですが、そのときに支えきれなかったのかな、と思いました。」

–その後はどのようなアプローチを?

「『会うと別れられない』ということは、まだ自分に未練があるのかな、と前向きに考えてみることにしました。だから、長く付き合ってきた友達としてでもいいから愚痴を聞くよ、と伝え、それから毎日1日1回だけ、相手がでなくても電話をかけるようにしました。出てくれなくても、着信を残しておくだけで自分の姿勢は伝わるかな、と。やりすぎると嫌がらせになってしまいますが、掛けない日があってもまた彼女がぶれてしまうので」

–彼女の反応は?

「はじめは出たり出なかったりでした。でも3日間出てくれなくても4日めには出てくれる。そのあとまた二日間でてくれなくても3日めには出てくれる、といった感じで徐々に間隔が狭くなってきました。ぼちぼちあちらからも掛けてくれるようになり、1ヶ月ぐらいたったら会う約束もできるようになりました。本当、長期戦でしたね」

その間、彼女は新しい彼のほうにいかなかったんですか?

「彼女がその間何をしていたのかは当然わかりません(笑)でも、自分からの電話があるということは、良くも悪くもプレッシャーにはなったんじゃないかな、と。結局別れ話はうやむやになり、元の状態に戻れました」

Bさんの場合、『会うと別れられない』これがキーワードだったようですね。この成功はお互いの積み重ねた時間があってのことかもしれませんが、たとえ遠距離であっても、男性の誠意ある対応さえあればチャンスはまだあるということですね。

実は女性の場合「他に好きな人ができた」という言葉が本心ではない場合もあります。自分の不安や不満を伝えることで相手に嫌われて別れるのが怖いので、そう思い込んだり、嘘をついたりして、自分から別れようとすることもあるのですね。内心では彼のことをまだ思いやっているのです。この複雑な乙女心を見抜けるかどうかがカギになるかも。

復縁はちょっとの勇気と方法で成功します!