復縁 メール

復縁を急ぎすぎて・・・。送りがちな失敗メール

会ったり、電話で話したりは双方にコミュニケーションの意思がないと成り立ちません。しかしメールはとりあえず自分の一方通行でも気持ちを伝えることはできるので、復縁には心強い味方になるはず。しかし、別れた直後の混乱の中で送りがちな、失敗メールも存在します。何パターンかみていきましょう。

①「どうして連絡してくれないの?!」・・・相手の返事を急かすメール
復縁を願う人にとって、相手の反応が無いことが一番苦痛ですよね。結局メールや着信をいつもチェックしてしまって生活に落ち着きがなくなってしまいます。だったらたとえ不満であっても、言いたいこと言ってくれたほうがいいと何度思うことでしょうか。相手の返事がないまま、何度も催促ばかりしてしまってまた自己嫌悪に陥ってしまうことも多々あります。

でも、このメールを送る前に1回よく考えてみてください。特に男性は、忙しくなると電話したりメールしたりといったことに気がまわらなくなる、なんていう話もありますが、本当に相手のことを思うならメール1通分ぐらいの時間はつくってくれるもの。つまり、今は返事を「したくない」ということなんです。連絡する気があったらとっくにしてるよ、相手も内心考えているでしょう。当然、そんな状態なのに返事を急かすのは逆効果ですよね。

②「会えない毎日が辛すぎて、体調を崩しました」・・・別れたゆえの自分の辛さを訴えるメール自分にとって、それだけ大事な存在だったんだよ、ということを伝えたいのは分かりますが、この書き方はNG。読んだ相手を暗くさせてしまうのは勿論のこと、「何それ。人のせいにしてるの!?」と怒らせてしまうことも。また、体調なんかと結び付けて心配してもらおう、という狙いも逆効果。依存体質だと思われるのも復縁にはマイナスに働いてしまいます。

③「別れた後も元気に過ごしています」・・・必要以上に強がっちゃうメール何を送っていいかわからないけど、重たがられたくない。そんな気持ちから、とりあえず妙に明るい内容を送ってしまうこともあるでしょう。自分にとっては当然強がりなわけですが、一緒に過ごさなくなってしまった以上、相手がそんなあなたの複雑な心まで慮ってくれることは難しいでしょう。別れても平気そうだね、と放っておかれるかもしれませんし、まるで当て付けのように思われてしまう可能性もあります。

④「あなたは、何でも出来てすごく素敵で、自分には最高のパートナーだ」・・・相手を褒めすぎるメール今までそんなこと言わなかったのに、急に相手を褒めまくるメールがくると、嬉しいを通り越して本当かどうか疑ってしまいますよね。「別れたからそんなこと言ってるだけじゃないの?」と現金な人だと思わせてしまう可能性があります。

しかし、書き方や前後の文によっては、相手の大切さを再確認したという成功パターンにつながることもあるでしょう。とりあえず褒める、というのではなく慎重に言葉を選んで相手の心に届くような文章を考えましょう。

このほか、長すぎるメールや挨拶だけなんていう、何をどう返したらいいのかわからないメールもNGです。気持ちばかり焦ると、やはりどうしても相手からの視点を見失いがち。こんなの送っていいかな、と迷うのであれば、信頼できる人に相談してからにするか、もしくは送るのをやめておいたほうが、かえっていいのかも。とにかく一度冷静になって内容を見直してから送信ボタンを押してくださいね。

復縁はちょっとの勇気と方法で成功します!