復縁 成功方法

《学生限定体験談》復縁に成功した方法

街中でよく見かける学生カップル。制服同士のカップルもいれば、まだ初々しい大学生カップルもいますが、なんだって少し眩しく見えるのでしょうか。相手と一緒にいることが嬉しくてたまらない、という様子を隠そうともしない姿をみると、なんだかんだ言っても学生時代は良かったなぁ、と思いたくなってしまう今日この頃です。

「女子校だったから男の人とは無縁だった!」「別に異性に興味なかった」なんて人もいるかもしれませんが、あの有り余る若さと情熱は本当に貴重なもの。そしてそれゆえに、復縁という高いハードルも、案外あっさり飛び越えているようです。今回は学生限定で、復縁に成功したきっかけや、復縁のエピソードなどを集めてみました。

①文化祭、体育祭などのお祭り

「文化祭が終わったあと、教室の片付けをしていた。別にわざとではないけど、ちょうど人がいなくなって元カノと二人きりになった。気まずかったんだけど、『まだ好きだよ』と言われてつい頷いてしまった」(高校生・男子)

「クラス対抗リレーで走っているのを見たら、なんかかっこよかった。こんなところもあるんだ、って思ってまた好きになり、告白したらOKをもらえた」(高校生・女子)

学生ならではのイベントは確かに気持ちを盛り上げますよね。その興奮ゆえに、なんか勢いでよりを戻してしまったなんてパターンが大学生でも多くありました。

②クラスでの班行動
「発表の班が一緒になったとき、彼が頭がいいのを知っていたから何かと頼っていたら、前みたいに話せるようになって元に戻れた」(中学生・女子)

「班長になった元カノが一生懸命に班をまとめようとしているので、何か放っておけなくなって、いろいろと手伝ったりするうちに、また付き合いたくなった」(高校生・男子)

小学生のときから学校生活に班行動はつきもの。はじめは仕方なく話したり一緒に行動したりしていた相手であっても、いつのまにか打ち解けているなんてことはたくさんあります。そういった状況が、たとえ別れた二人の微妙な距離ですら縮めてくれるんですね。

③卒業式
「違う高校に進学するからもう会えないのかな、って思うとやっぱりさみしくて、彼がまだ好きなことに気付いた。やっぱりこれからも会いたい、って言ったら、俺も、と言ってくれた」(中学生・女子)

「学校で会わなくなればまた断られても気まずくならない、と思ってダメ元でもう一度告白したら結構あっさりOKだった。」(高校生・男子)

お別れ前の寂しいムードは、復縁を成功させるのにかなり効果的。もう会えないことが背中を押してくれて積極的な行動に出られた、というエピソードが多数でした。

④友達の助け
「自分からは言えないから、友達に『○○(自分の名前)、まだ●●くんのことが好きらしいよ』とうわさで流してもらった。それを聞いてから、彼がまた自分のことを意識し始めてくれて結局付き合えた」(高校生・女子)

「元カノと同じサークルだから気まずかったけど、仲間がそれとなく間を取り持ってくれたおかげでまた元の通り話せるようになった。思い切ってもう一度告白したら彼女も『前みたいに付き合いたい』と言ってくれた」(大学生・男子)

自然と、またはわざと(?)手伝ってもらう方法も有効みたいですね。持つべきものはやはり友達。

いかがだったでしょうか?社会人になると難しいシチュエーションも多々ありますが、それより何より「素直に相手に気持ちを伝えている」ことがカギのようですね。そりゃあ子どもと大人は違うよ、なんて遠い目をしているあなたも、あの頃のキラキラした日々(?)と気持ちを思い出してみましょう。

復縁はちょっとの勇気と方法で成功します!