別れ話 復縁

別れ話の内容から見直す復縁の方法

復縁したいあの人とした最後の話、つまり「別れ話」を覚えていますか?勿論、音信不通になって自然消滅ということもありますが、やはり面と向かってちゃんと話をして別れる、またはメールでちゃんと言葉にして別れるというカップルが多いのではないでしょうか。

あの独特の気まずさと疲労感には何ともいえないものがあり、もう忘れてしまいたいと思っている人もいるかもしれません。その場では上手く言葉を返せず別れてしまったかもしれませんが、もしも復縁を願うなら、その気まずい「別れ話」の内容をもう一度考えてみませんか?別れを告げてくる相手の口からよく聞かれるキーワードを紹介いたします。

①「もう疲れた」
恋人とは本来お互いを支えあいたいものですが、結局悩みや不安を打ち明けられず溜め込んでしまったときによく聞かれる言葉。なかなか素直に甘えられないタイプの人だったのかもしれません。こういった相手と復縁するには、自分から相手に歩みより、包み込もうとする姿勢が重要です。相手からの連絡で復縁のきっかけを待つよりは自分から仕掛けたほうがよいかもしれません。

②「付き合っている意味がない」
これは自分が満足するほどかまってもらえなかった、つまり「放置された」と思っている人からよく聞かれる言葉。「○○のことをちゃんと思っていたけれど、どうやって表していいかよくわからなかった。これからはそういうところも直すように努力する」というように、本当は相手を思っていたのだということとこれからの前向きな姿勢をみせるのが有効。

③「もう信じられない」
①と②が更に悪化したケース、または、他の異性との付き合い方に不信感をもたれた、などの理由が考えられる言葉。この言葉の原因となっている、信用を失ってしまう行動が必ずあるはずなのでこの言葉の前後に何を言っていたのかなどをヒントによく考えてみてください。そして思い当たったらそれを二度としないと誓うことです。

④「一人になって、お互いにもっと成長しよう」
ずるずると惰性で続いている付き合いを清算したいときに出やすい言葉。特別相手のことを嫌いになったわけでもないのですが、このまま続けていても発展性がないのかな、とあきらめられてしまった場合などです。または、仕事や趣味など、別れを告げた方に何か優先したいことが出来た可能性もあります。別れたときと同じままで復縁を望んでも、また惰性だと思われてしまうので、「自分が変われた」という出来事や自信が手に入ってから連絡するほうがいいかも。

⑤「他に好きな人ができた」
本当に好きな人ができてしまっている場合と、そうでない場合があるので要注意。そうでない場合というのは、これといった明確な理由も無く相手を責めたりもしたくないので、好きな人ができたことにして相手に納得してもらおうと思った場合などです。④と似ていますね。

今回は、男女両方からよく聞かれる言葉を選んで紹介しました。相手の性格や当時の状況を照らし合わせつつ参考にしてみてください。

復縁はちょっとの勇気と方法で成功します!